面接官に好印象を与える「3つのポイント」とは

好印象を与える

企業面接で何が採用に影響するのかは気になりますよね。転職では特に実績が問われるポイントになりますが、何よりも大切なのは「一緒に働きたい」と思われるか否かです。
ここでは、「一緒に働きたい」と思われる3つのポイントをご紹介いたします。

ポイント①会社で活躍できそうか

まず第一に大切なのは、会社での活躍です。
企業は採用に高い経費をかけ、採用したら給金を支払い続けるのです。「長く会社に貢献し続ける人材」を求めるが最優先なのは当然のことですよね。
そのため、実績そのものよりも、その経験やスキルが、どのように応募会社での業務に役立てられるかが重量なポイントになってきます。

自己PRでは、実績の大きさや量をアピールするだけではなく、希望する職種で活かせる“再現性のあるスキル”や“今後のために勉強していること”など、入社意欲と貢献を伝えることに注力しましょう。

ポイント②辛い時も努力できるタイプか

社会の荒波で生き抜いて行く為には、「忍耐力」「ストレス耐性」が求められます。
企業としては、せっかく採用してもすぐに辞められては困ります。特に転職面接では、このポイントは注意深くチェックされます。
なぜなら、転職者は他の会社を辞めていることが前提なので、「また辞めるのでは?」という懸念があるからです。
転職理由や、長所や短所の質問や自己PRの中で、辛い時でも努力して乗り越えたエピソードを織り交ぜて、忍耐力のある人間性のアピールをすることをおすすめします。
「ミスを独自の方法で乗り切った」「成績不振を○○し続けることで改善した」「みんなが無理だという事を成し遂げた」など、実績の中からエピソードを用いて、応募会社でも活かせるスキルとして伝えましょう。

ポイント③周囲とコミュニケーションをちゃんととれるか

中途採用では、社内に馴染める人材であるかも需要なポイントです。
入社したら即戦力として活躍することが前提なので、求められるコミュニケーションスキルは、新卒採用の比ではありません。
チームリーダーの経験や、営業職で身につけたコミュニケーション能力、上司や部下との信頼関係のエピソードなどは、転職面接において採用にぐっと近づくアピールとなります。
また、面接自体もコミュニケーション能力を発揮する場。アピールだけでなく、相手の目をしっかり見て話を聴くという姿勢も大切。
面接官の話を聞いていないと、「質問と回答にずれがある」「食い気味で話しだす」「テンプレート的な回答ばかりで話が広がらない」などの減点ポイントをとられてしまいます。
発するばかりではなく、傾聴の姿勢も見られている事を意識しましょう。

 

いかがでしたでしょうか。
ご紹介した3つのポイントは、転職面接においてお役に立てることと存じます。参考にして頂けたら幸いです。”

面接の関連情報をチェック