あなたはいくつ当てはまる?!中途面接で落ちる人の3つの特徴と対策

3つの理由

面接って何度してもやっぱり気が重いですね。しかも、中途面接で何度も落されていたら自己否定されたような気がして、更に気が重くなります。では、中途面接で落ちる人の3つの特徴を学習してそんな連鎖を断ち切りましょう!

その企業に求められている自己アピールができていない

面接を何度も受けていると面倒になってくるというのは人間の心理でしょう。しかし、そんな気持ちは相手にも伝わってしまいます。そして、機械的にどの企業においても同じような職務経歴や自己紹介をするようになってしまいます。

これが、中途面接で落とされる人の特徴の1つです。例え素晴らしい経歴だったとしても、その企業が今必要としている人材でなければ、当然採用したりしません。

面接を受ける企業についてしっかりとリサーチし、それに基づいた自己アピールをするよう心掛けましょう。熱意を込めるのも大切です。

新卒と同じ方法で面接に臨んでいる

中途採用と新卒の面接には違いがあります。学生を採用する際と転職者を採用するのとでは企業がその人に求めるものが異なってくるからです。そのことをわきまえずに新卒のときの面接と同じように行っては落とされてしまいます。

中途採用の場合は即戦力になる人を採用したいと思うのは当然ですよね。ですから、自分にはどんな経験やスキルがあってその企業にどう役立つのかという点を適格にアピールする必要があります。かといって前職の会社の不満や批判は避けましょう。

成長していきたい、勉強していきたいという言葉を連発する

転職するということは、自分の本当にしたいことが見つかって、新しい分野に挑戦したいという気持ちがある方も多いことでしょう。

しかし企業側からすると、中途採用したい人材とはどのような人だと思いますか?

それはもちろん今すぐ使える即戦力になる人ですよね。それなのに、新人のように「新しい職種に挑戦して成長していきたいと思っています」とか、「勉強させていただきたいと思っております」と言うと企業はそんな人は必要ない、と思ってしまうかもしれません。

未経験の仕事であっても自分の資格やスキル、経験とマッチするものを探し出して即戦力になることをアピールした方が良いでしょう。

 

中途面接で落ちる人の3つの特徴、いかがでしたか?当てはまるところがあった方は今すぐ改善してみましょう。もちろんこの3つさえ避ければ必ず受かるというわけではありませんが、きっとネガティブな思考から抜け出して新たな自分なりのアピール方法が見つかることでしょう。

面接の関連情報をチェック