これで安心!面接で性格を聞かれたときの効果的な解答例

性格紹介

面接では色んな質問がされますね。事前に考えておかないとミスしてしまいます。答え方で希望の会社に就職できないのはとっても残念。では面接で性格について聞かれたときの答え方についてご紹介します。

どうして面接で性格を聞くの?

まずはどうして企業が性格について聞いてくるのかについて考えましょう。企業は敵ではありませんが、敵の戦略を知らなければ試合に勝つことは難しいのと同じです!

性格を尋ねる理由の1つは、人柄を知りたいからです。多くの人を見てきて人を見る目があるとはいえ、面接という一瞬の出会いで面接官がその人の全容を理解するのは難しいことです。そのため直接本人から人柄を聞き出そうとしているわけです。

もう1つの理由は、自分のことを理解できているか、客観的に見れているかを確かめるためです。自分のことを理解できていない人がどうして他人を理解し、他人とうまく共に仕事をすることができるでしょうか?難しいですよね。

自分を分析できている人はしっかりした人格を持った大人と言えるので採用される確率が上がります。

積極的な面を答える

では性格を聞かれたときの答え方ですが、もちろん積極的なことを述べてください。他人とのコミュニケーションが苦手だとか、すぐに諦める、なんていう人のことを採用しようとする企業なんてありませんよね。

普段から自分の良いところを知ってそれを認めているならば、自然と自分の積極的な面について語ることができます。また長所と短所は紙一重と良く言われますので、自分の長所が思いつかない人は自分の短所をポジティブな表現で言い換えてみてください。例えば、自分はお調子者だと思うなら、「いつも明るく周りを和ませる性格」と言い換えることができます。

他人からの評価と具体的なエピソードを添えて語る

性格について聞かれた際は、話す内容だけでなく、表現の仕方についても工夫してみましょう。企業が性格について尋ねる理由の1つは自分を客観的に見ることができているかどうかでしたね。ですから、客観的な他人の意見も交えて説明すると好感度や信頼性がアップするのでお勧めです。

また、具体的なエピソードを添えることによっても、面接官に現実味を帯びて伝えることが可能になり、信頼性もアップします。この2点を踏まえた例を挙げると、「学生時代のアルバイト先の店長は良く私のことを信頼できると言ってくれました。そのため、アルバイトの中の責任者にも抜擢されました。」などと言えるかもしれません。

 

面接に備える際には、まず面接官の人の気持ちを考えてみるといいですね。そうすればどんな答え、答え方が期待されているのかが見えてきます。性格について聞かれた際には、積極的な面を具体的な出来事と他人の評価を入れて、企業の求めるような人材であることをアピールしてみましょう。

面接の関連情報をチェック