不安な面接もこれで解決!誰でもできる厳選解決法3つ

面接が不安な人

面接は何度やっても不安なものですね。自分のことを誤解なく伝えるというのは、とても難しいことです。面接での不安は、未知のものに対する不安と、自分の能力への不安ではないでしょうか。

そうであれば『準備』と『慣れ』で軽減することができます。

【準備】質問をシミュレーションする

面接で訊かれやすい質問に対しての答えは万全でしょうか。社長の名前や業績など、会社の基本的な情報は頭に入っていますか?

自己分析では特に、長所や志望動機は完璧にしておきましょう。圧迫面接をされたらどうするか、弱い部分をつく質問をどうかわすか、その会社に入ってからどんなことをしたいかなどを想定して答えを考えているうちに、不安な気持ちはなくなっていることでしょう。

【準備】誰かに練習相手になってもらう

一度でもひとに話したことのある内容は、口からでてきやすくなります。予想問答を考えたら、実際に何度も口にだしてみましょう。

できることなら誰か相手を見つけて、会話ができるともっとよいでしょう。同じ内容でも、言葉を変えて訊いてもらったり、想定以外のことも訊いてもらったりして、臨機応変に対応できる練習をしましょう。

「何を訊かれても大丈夫」と思えれば不安はなくなりますよね。

【慣れ】志望度があまり高くないところを事前にいくつか受ける

さぁ、練習した予想問答を実際に試してみましょう。志望度があまり高くない企業でも、きちんと基礎情報を押さえ、予想問答を考える手間は省かないようにしましょう。

あなたを受験企業に売り込む為の策を考えることは、経験が増すほど精度があがります。練習だからと手を抜いてしまうと、分析や対策が甘かったのか、あなたの伝え方がまずかったのかがわからず、経験値としてカウントするには心もとなくなります。どの勝負にも真剣に取り組むからこそ力がつきます。

縁があればつながると信じる

不安の大部分は、「自分のことを気に入ってもらえるだろうか」という点だと思います。

人間同士の好みはひとそれぞれですし、『捨てる神あれば拾う神あり』ともいいます。その会社に採用されなかったからといって、あなたやあなたの人生そのものがダメということではありません。就職は縁です。本人が面接で「失敗した」と思っていても、縁があれば合格することもあります。

『人事を尽くして天命を待つ』というように、できる限りの準備をしたら、後は神様に「縁をつないでください」とお願いし、合格した後にその会社で楽しく働いている自分の姿を想像しましょう。

面接の関連情報をチェック