面接前にしておくべき基本の2つの対策

面接前の準備

人が他人に与える印象は、見た目55%、話し方38%、内容7%というデータがあります。面接での質疑応答の内容がどれだけ立派でも、身だしなみや話し方がなっていなかったら、結果は伴わないといえるでしょう。
今回は、面接の対策として、見た目と話し方についてご紹介します。

服装の対策

●スーツ
・シワ一つない状態にする
・型にカバンにかけない(ジャケットにシワが入るため)
・パンツはしっかり折り目が入ってリる状態にする
・ポケットに携帯や財布を入れない(型崩れするため)
・サイズの合ったものを着る
●シャツ
・シワ・汚れがない状態にする
・真っ白で清潔感のあるものにする
・サイズの合ったものにする
●靴・カバン
・キズや汚れがないものにする
・靴はピカピカに磨いておく
●髪型
・男性は少しウェットな整髪料でしあげ、額はなるべく出す
・女性は髪が顔にかからないようにまとめて、お辞儀しても乱れないようにしておく

話し方の対策

・挨拶しながらお辞儀をしない。
例)面察官の目を見て「本日は宜しくお願いします」といってからお辞儀をする。お辞儀を終えたら、改めて面接官の目を見て目で熱意示す。

・落ち着いたトーンで話す。
早く口になる・まくしたてる、声が上ずる・震える、目が泳ぐ、手や指先が動くなどは自信がない印象を与えます。

・話が長くなりそうなときは、途中で「もう少し、続けてもよろしいでしょうか?」と聞く。
「どうぞ」という返答に「ありがとうございます」といって話をつづけ、「簡潔にお願いします」という返答には「恐れ入いります」といって締めの言葉だけたして終える。

・話が長くなったら、「以上です」と言って、切れ味を出す。

・質問には結論を先に言ってから、「というのも」「なぜならば」といった補足をする。結論だけの回答もNG。

・面接官が話しているときは傾聴の姿勢をとる。
なんて答えようなどと考えているのはバレるだけでなく、面接官の意図にそぐわない返答をするとうミスに繋がります。

・とにかく焦らない、深呼吸して落ち着いて望む。
直に答えられない質問は、間をつかっても問題ありません。むしろ真摯に考えて自分の言葉え話す姿は好印象です。

・緊張しないために、周到な準備をする。
何を聞かれても良いように、自分の言葉で答え用意しておきましょう。

面接前にしておくべ2つの対策のご紹介いかがでしたか?基本的なことですが、ここが出来ていない限り、どんなに優秀なスキルを持っていても面接は成功しないといっても過言ではありません。
まずは基本の対策を徹底しましょう。

面接の関連情報をチェック