今の会社で同様のことはできないのですか?と転職の面接で質問されたら?

今のままではダメな理由

ほとんどの転職の面接で聞かれることの一つに「今の会社で同様のことはできないのですか?」という質問があります。
この質問に対しては、どのように答えていくのが良いのでしょうか。

質問の意図

まず、この質問をする意図は大きく分けて2つあると考えられます。

①転職理由がネガティブなものではないか。という点。

②その企業のことをどれだけ調べていて、どれだけ入りたいのかを探る。という点。

多くの企業は基本的にネガティブな理由での転職の方をあまり評価しません。
なぜかというとネガティブな理由(例えば人間関係が良くない。実は仕事がうまくいっていない。など)で転職をする方は、再度同じ理由で転職をされていまう可能性があるからです。

回答例

では、どのように回答するのが良いのでしょうか。

・実際に、今の会社で同様のことができない場合

→この場合は、できない理由をきっぱりと述べましょう。人事制度や、会社の業務内容が理由になります。

・希望すれば、もしくは自分の努力次第では部署の異動や職種の変更が可能な場合

→この場合は、物理的に可能であることとその理由をお伝えしましょう。その上で、敢えて転職をする理由がとても重要なポイントです。

例えば

「より大きな組織のマネジメントに挑戦したいと考えたため転職を考えました。」

「御社の営業方針に魅力を感じており、そのような方針のもとで営業活動を行いたいと考えている為。」

「開発環境において、御社はアジャイル開発を取り入れており、今後はそのような開発手法が主流になっていくと考えた為。」

など、前向きな姿勢や挑戦する姿勢を示すことで、面接官に好印象を与えることが可能です。

面接の関連情報をチェック