面接で人事が見ている!コミュニケーション能力のポイントとは?

コミュニケーションポイント

これから面接を受ける方にとって、コミュニケーション能力は実際どうやって見られているのか気になるポイントではないでしょうか。
今回はこのコミュニケーション能力について、企業人事がどのように見ているのかをお伝えいたします。
まず企業が求めているコミュニケーションスキルは大きく分けて3つに分解することができます。

①きちんと話ができるか。

まずは面接を通して、きちんと受け答えができるかどうかを見ています。
例えば、返事がが遅く黙ってしまったり、聞いていることとは異なる返答をしていたり、質問に対する回答が長すぎたりすると、コミュニケーション能力が低いなと思われてしまう可能性があります。

では実際にどういう対策をしたらよいでしょうか。

①−1
テンポよく回答をしていくこと。どうしても、考える時間が必要な時は、「少し考える時間をいただけますでしょうか」など一言伝えるだけで、印象がよくなります。

①−2
質問されたことのみに回答をすること。つい、あれもアピールしておきたい、これもアピールしておきたいとなり、聞かれていないことを答えてしまいがちですが、これは逆効果になりますのでやめましょう。
アピールしたいことを聞かれなかった場合は、面接の最後の逆質問でそれをアピールできるような質問や提案をすると良いでしょう。

①−3
聞かれたことに一生懸命答えようとするあまり、長々と話してしまうことがある場合は、端的に聞かれたことのみを答えるように意識していきましょう。

②笑顔があるか。

面接では緊張して、つい顔がこわばってしまったり、引きつってしまったりしてしまうことがあります。
ずっと笑っていると、逆に変な人と思われてしまいますので、ところどころ笑顔を挟んだり、若干スマイル気味くらいの表情でハキハキと受け答えをすることで、印象がよくなります。

③周囲の人と円滑な意思疎通ができるか。

会社で働き始めると、必ず、上司、部下、同僚、取引先ができてきます。その他にも、社内のいろんな方と接したり、一緒に物事を進めていく必要があります。

そういった人たちと円滑に業務ができるか、きちんとコミュニケーションができるかを人事は見ています。

例えば、

・怒りっぽくないか。
・自分の意見をきちんと言えるか。
・他人の意見に耳を傾けるタイプか。
・同じことを繰り返して長々と話すタイプではないか。

など、あげればきりがないですが、上記のようなところはよく見られているので意識をすることで、好印象を与えることができます。

また社外の人と円滑なコミュニケーションが取れるかも重要なポイントです。
社外の人と接する上で、失礼がないか。という目線でコミュニケーションスキルを見られます。

・最低限のビジネスマナーはあるか。
・言葉遣いは丁寧か。
・相手を気遣う表現ができるか。
・初対面の人とも、明るく、建設的で、円滑な会話ができるか。
・丁寧な断り方、丁寧な意見の主張ができるか。

などの、スキルを見られています。

企業が求めてれいるコミュニケーションとは、どんなものかわかりましたでしょうか。
履歴書や面接で、コミュニケーション能力を問われているような質問がきましたら、これらを意識していきましょう。

面接の関連情報をチェック