【例文あり】面接で第一志望を聞かれたときの効果的な答え方

第一志望

面接で聞かれてどうやって答えようかと困る質問の1つがこの、「面接で第一志望はどこですか」という質問ですね。ではどんなふうに答えたら良いのでしょうか、ご紹介します。

なぜ会社は第一志望を聞くのか

相手の動機を知ることが就活を成功させる第一歩です。答えだけを知っていても、たまたま成功するかもしれませんが長くは続きません。常に理由を考える習慣を付けましょう。

では面接で会社が第一志望を聞いてくる理由とは何なのでしょうか?企業が第一志望がどこかを聞く理由はもちろん内定に影響するからです。人事部としても、社長や役員を引っ張り出したあげく、蹴られました、では示しがつかないため内定を出したら必ず来てくれる人を採用したいと思います。

同じようなスペックの人が2人いた場合、当然「貴社が第一志望です。」と答えた方の人を採用しますよね。ですから、この質問は実はとっても大切な質問なんです。

一番無難なのは、「貴社です。」

では「第一志望は?」と聞かれたときに一番良い答え方は「貴社です。」ということになりますね。

内定が欲しいなら当然この答えです。「ええっと」などと言って迷ってしまったら即アウトにされてしまう可能性が高いです。

最終段階の面接に入っているなら、他の応募者との能力の差は大差ないでしょう。そのようなときにこの質問が来たとしたら、それぞれの人の会社に対する熱意や意欲を見ていると言っても過言ではないでしょう。企業が求めている人材はその会社にとって有用な能力や経験を備えた人、というだけでなく、会社に入社し、そこで熱意を持って能動的に仕事をしてくれる人材です。始めから入社する意欲が薄く、他がダメなら仕方なくこの会社に入る、というような気持ちの人を積極的に採用したいとは思いませんよね。

ですから、面接に臨む前にどの会社も第一志望!くらいの気持ちになるよう徹底的にそれぞれの会社のことを調べて、良い点に目を向けられるようにしておくと良いでしょう。

第一志望だと納得してもらえるような理由を添える

「貴社が第一志望です。」以上!だと口では何とでも言える、本当かなと疑われても無理はありません。

内定をもらうために志望者が嘘を付くだろうということを当然会社は予測しています。そのため、納得してもらえるような理由を考えておくと良いです。具体的な、その会社を選んだ理由を述べることです。ただ自分のしたい仕事の業界の会社だからという理由ではなく、その会社の個性を理解し褒め、そして自分の能力や経験がどう一致し、自分がそれを生かしてその会社の中でどういったことを行っていきたいと思っているのかを伝えることが必要です。

<解答例>

面接官:「Aさんの第一志望はどこですか?」

あなた:「はい。御社を第一志望としております。」

面接官:「それはどうしてですか?」

あなた:「はい。主に2つの理由があります。一つ目は御社のコーポレートスローガンの中に顧客志向が入っているためです。私は前職で接客の経験があるのですが、そこでお客様のニーズをとことん考えることの重要性を学びました。次に二つ目は、貴社の社風が実力主義であるという点です。いい結果も悪い結果も正当に評価いただくことが自分の成長につながると考えているため、御社の実力主義の社風に惹かれております。」

<ポイント>

その会社が、前面に押し出していることと、自分の志向をマッチさせること。またそれを、実体験を交えて伝えることで説得力を持って面接官に伝えることができます。

 

「貴社が第一志望です。」と言ってしまったが、後から会社からも採用されてそっちに就職したい、ということも当然あるでしょう。そういうときは、法的な責任が生じるわけではないので、「あの時点では貴社が第一希望でしたが、自分の適性などを考慮しました結果、別の会社の方が合っていると考えました。」などと丁寧にお断りすれば大丈夫です。

面接の関連情報をチェック