これだけは気をつけて!好印象な面接の話し方ガイド

面接の話し方

これまでの社会経験の中でも、上司に言葉遣いや話し方を指摘された経験がある方は多いのではないでしょうか。世代によって異なるものなので、戸惑うこともあるとは思いますが、ビジネスシーンでは年齢問わず場に適した話し方が求められます。
そのため、企業面接では、話す内容だけでなく“話し方”も重要。ここでは、面接で気をつけるべき話し方のポイントをご紹介いたします。

「えー」「えーっと」「あのー」は使わない

すぐに回答できない時や、言葉を選んいるときに遣いがちな、「えー」「えーっと」「あのー」は、面接時には遣わないように心掛けましょう。
ついでてしまうこともあるとは思いますが、頼りない印象や自信がない印象を与えるので、ビジネスシーンにおいては避けるべきです。
少し考える間欲しいときは、相手の質問復唱するのも一つの方法です。
緊張や癖で無意識に言ってしまう人も多いので、自分が「えー」や「あのー」を普段に遣っていないが気にかけておきましょう。普段から言って人は、意識的に直す必要があります。

ハキハキと「です」「ます」調で

20〜30代に多く見受けられるは話し方の特徴のひとつに、語尾が伸びる話し方があります。
「〜ですのでぇ」「〜でしたぁ」といった話し方は、40〜50代の世代には「気になって話の内容が入ってこない」「覇気がなくやる気を感じられない」という印象を与えます。
ハキハキと歯切れの良い話し方を意識しましょう。
「〜どと思うんすよね」といった言い回しも同様で、ビジネスの場には適しません。

さらに、敬語を使えないのは社会人としては論外。例え、謙譲語や丁寧語が口馴染まなくて苦手でも、「です」「ます」調で丁寧にはなすことは最低限の社会人としてのマナーです。

面接で急には出来ないことなので、初対面の方や年上の方を話す場を積極的に作り、敬語に慣れておくことをおすすめします。

「でも」「だから」「なので」はNG

ビジネス上の会話において、「でも」「だから」「なので」はNGワードです。
「しかし」「ですから」「ですので」「そのため」といった言葉を用いましょう。
語尾の敬語が使えていても、接続詞は気を抜きがち。ついぽろっと言ってしまわないように、意識しておきましょう。

 

いかがでしたでしょうか。
転職面接は、社会人経験を積んできた人材であることが前提なので、ビジネスマナーの基本である話し方がなっていないと、折角のこれまでの努力を買われない結果になりかねません。
面接での言葉使には充分に気をつけましょう。

面接の関連情報をチェック