面接嫌いを克服したい人の為の効果的な対策ポイント

面接嫌いを直すには

おそらくほとんどの人が面接は嫌いなのではないでしょうか。誰でも初めての相手と話をするのは緊張しますよね。

しかも、面接では「好印象を与えなければならない」というプレッシャーもかかります。
でも就職に面接は必要不可欠。少しでも嫌いを直すコツをご紹介します。

相手も実は緊張しています

面接の試されている雰囲気って嫌ですよね。でも実は、「見られている」と感じるのは求職者だけではありません。面接をしている側もある程度、見られている緊張感をもっているものです。

真剣であることはもちろんですが、あまり堅苦しくなりすぎず、「相手の話を訊きにいく」くらいの気持ちでいくといいかもしれません。緊張している自分を恥ずかしいと思わないようにしてみてください。

名前を知っている会社でも、その会社の人々には、面接でなければ会えないことも多いです。どんなひとたちかを知るつもりで気負いすぎず、取り組んでみてください。

婚活だと思ってみる

会社選びは、大事な人生のパートナー探しです。まさに婚活と同じ。相手の条件や誠実さ、ルックスなどを総合的に判断しますよね。

人任せにすることはできませんし、まず会うことが大切です。面接も婚活も一度だけ、ひとりだけに会えば終わるというものではありません。納得のいく相手に会えるまで、何度でもでかけていくことが必要です。

理想の相手探しのための一歩を踏み出しましょう。何度も「初めまして」を繰り返しているうちに、初対面のひとに会うのも自己紹介をするのにも慣れていきますよね。慣れるとそれほど嫌なものでもなくなっているから不思議です。

自分へのご褒美を用意してみる

嫌いなことを頑張った自分に、小さなご褒美をあげるようにしてみてはいかがでしょう。面接会場の近く(すぐ近くだとその会社のひとに会うかもしれないので、ある程度は離れた場所)や家からの道中に、カフェやおもしろいお店など寄ってみたい場所を見つけておいて、面接の帰りに行ってみませんか?

 

嫌いなものを「好きになろう」と思っても、なかなか難しいですよね。せめて、相手を思いやったり、見方をかえたりご褒美で釣ったりしながら、「苦ではない」というところにもっていきたいですね。

面接の関連情報をチェック