もう悩まなくて大丈夫!面接で服装自由と指示された時の服装ガイド

服装ガイド

業界や業種によっては、面接の案内に「カジュアルな服装でお越しください」と表記がある場合があります。
IT系や、広告、デザインなそのクリエイティブ業界、ファッションやサービス業界ななどに多く見受けらる、服装自由の面接は、何を着ていけば良いか迷いますよね。困ったらジャケットを羽織ればOK!?
ここでは、面接における「カジュアルな服装」についてご紹介いたします。

無難なのはオフィスカジュアル

企業面接でのカジュアルとは、休日を過ごすような服装ではないことはありません。オフィスカジュアルをイメージであればまず問題ないと言えるでしょう。
襟付きのシャツやジャケット、革靴がおすすめです。

NGなのは、ダメージジーンズやカジュアルなスニーカー、サンダル、露出の多い服や派手な色合いの服など。
面接は、服装がメインのではないので、個性をアピールするような服装や奇抜さは無用です。
また、男性の場合は、アクセサリー類は避け腕時計程度、女性もアクセサリーはシンプルなものとどめておくのが絶妙なライン。

私服での面接はセンスや社風にあうかをチェックされているので、TPOを意識したファッションを心掛けることが大切です。

応募企業の採用HPで社員の服装をチェック

服装が自由の面接の際、参考にすべきは“応募企業で実際に働いている人のファション”です。
募集サイトや企業ホームページやパンフレットをチェックして、社風を確かめると分かりやすいですよね。
しかし、働いている人がデニムにTシャツだからといって、面接もその服装で良いよいう分けではないので注意しましょう。
奇麗めにデニムにカットソー、ジャケット、革靴、といた服装が最低限のマナーであることは予め理解しておきましょう。

スーツでも問題はなし

カフィスカジュアルが難し場合は、スーツでも問題ありません。
ただし、「カジュアルな服装で」「私服で」と指定があることにも意図があるので、その辺りの見極めも重要です。
スーツにする場合は、ネクタイやシャツ、カフスといったアイテムでおしゃれに演出する事をおすすめします。
スーツの色も明るめのグレーやネイビーなど、華やかな印象なものが良いでしょう。

 

面接で服装自由と指示された場合の服の選び方のご紹介、いかがでしたでしょうか?
ジャケット着用したオフィスカジュアルなら、まず問題ないのであまり難しい考えることもありませんね。
服装が自由の企業面接の際は、参考にしていただけたら幸いです。

面接の関連情報をチェック