意外と重要!面接時の逆質問の悪い例と良い例

良い例悪い例

転職の面接で、実は採用に与える影響が大きいのが逆質問です。面接の最後に聞かれる「何か質問はありますか?」に対して、「特にありません」なんて回答はNG。
今回は、逆質問の悪い例と良い例をご紹介いたします。

逆質問の悪い例

●調べればわかる質問
福利厚生や労働環境の質問は、面接時にこちらからするのは避けましょう。
基本的には、転職サイトなどの求人に記載があることだからです。
よっぽど曖昧な記載である場合や、掲載内容と契約内容に際が有る場合のみ確認をしましょう。

また、会社の設立、従業員数といった情報も調べればわかる事なので質問としてNGです。
ネット上にあるような内容の質問は、勉強不足とみなされ、入社意欲がないと判断されてしまします。

●発展性のない質問
「はい」「いいえ」で終わってしまうようなクローズドクエッションや、抽象的な質問も避けた方が良いです。

例えば、「御社での仕事はやりがいはありますか?」という質問は、「ありません」と応える人はいないでしょうし、「やりがい」という個人的で判断になるような曖昧な質問はあまり意味がありません。
質問の意図、或は求めている物が明確な質問を用意しましょう。

逆質問の良い例

前向きな姿勢を伝える質問
「内定をいただけたら、入社までに準備しておくべき事はありますでしょうか?」

「御社の社員として、△△さん(面接官の名前)が、心がけている事を教えていただけますでしょうか。」

「御社の◯◯に携わる仕事うることが、私の現在の目標なのですが、どのような努力が必要でしょうか?」

上記のような、会社し貢献するイメージを持った質問は、入社意欲が伝わり、面接官に好印象を与えます。
面接官は、未来の上司をいう意識を持って接する事が大切です。

●自己アピールができる質問
「前職で経験を積んだ◯◯のキャリアを、御社でを活かすために、さらに勉強するべき事があれば教えてください」

「××というサイトの御社特集ページで、離職率が低い理由について書かれている記事を拝見したのですが、△△さん(面接官の名前)は何が理由だとお考えですか?」

ひとつめは、自身の強みであるスキルを謙虚にアピールしつつ向上心を伝えるおとができ、ふたつめは会社ついてしっかりリサーチした上で、会社の長所を聞いてりるので良い質問といえるでしょう。C34

面接においての逆質問についてご紹介、いかだでしたか?
自分と、希望する会社に見合ったな質問で、質問返しにあっても応えられるようなものをいくつか用意して面接に望みましょう。
面接時にはしっかりと相手の話も聞き、流れに適した逆質問を選択できる余裕を持つ事が大切です。

面接の関連情報をチェック