面接官の印象に残る!効果的な自己PRの話し方とは

面接で自己PR

転職面接における自己PRはとても採用を大きく影響します。新卒のときのような“やる気”はもう通用しませんよね。今回は、自己満足にならない“好印象の自己PR”をするコツをご紹介します。

ポイント1 順序・時系列に沿った話し方

自己PRは、職歴→経験スキル→転職理由の順に話すと伝わりやすくなります。
ここが前後してしまうと、内容が伝わりにくくなってします。
というのも、人は時勢列に沿った話がイメージしやすく聞きやすからです。

●職歴の話し方
時系列に沿って、入社年数・配属部署・業務内容・実績を話します。
職務経歴書に書いた情報の羅列では意味がないので、業務内容や実績は具体的な成果や実績を、数値を用いいるなどして客観的に分かりやすく伝えましょう。

●経験スキル
職歴の中で得たスキルの中から、転職希望先に適したも資格や功績を伝えます。
この時、自慢話にならないように、前職の会社や先輩から受けた恩恵も交えるなど、謙虚な姿勢も忘れずに。

●転職理由
なぜ前職を辞めて希望会社転職を希望するのかは、面接官にとって重要なポイントです。
「休みが少なかったので、完全週休2日の御社に・・・」なんんて言われても、一緒に働きたいとは思いませんよね。
面接官が聞きたいのは、「入社した何をしてくれるか」です。
ただ自分が何がしたいか、だけでなく自分のどんなスキルがそのよう応募会社に貢献するかを伝えましょう。

ポイント2 具体性のある話し方

自己PRの内容がぼんやりしていると、あなたの魅力が伝わりません。
例えば「前職において、〜のチームリダーをしていあました」と話すよりも、
「入社◯年目で、●名のチームリーダーを任され、△%の業績をあげました」という方が具体的な業績が伝わります。

また、「私の〜という強みは、御社でも活かせるかと存じます」と話すよりも、
「前職の◯◯で培った〜という強みで、御社の〜という分野に貢献できればと考えております」という方が、面接官の興味を引くのは言うまでもありません。”

ポイント3 志望動機の話し方

転職面接では、即戦力が求められる傾向にあります。
「入社したら〜を学びたいです」なんて人材はいりませんよね、かといって20代で自分に満足しているよな物言いは自信過剰な印象になりかねません。
大切なのは、[実績に伴ったスキルで貢献する姿勢]と[さらなる向上心]です。
志望動機にはこの2点は必ず含めるて話しましょう。

さらには、希望会社の具体的な実績や業務を挙げて、その会社でないればならない志望動機が必須の内容です。

面接で自己PRを話す3つのコツいかがでしたか?
時系列に具体性のある話し方は、ビジネススキルとしても重要になってくるので、はじめは伝えたい内容を書き出してから整理していくと分かりやすいですよ。

面接の関連情報をチェック