これで安心!面接でネガティブな転職理由をポジティブに伝えるには?

失敗談

転職の理由はさまざまで、ネガティブな理由であることもよくあることです。
前職場でのトラブルや不満をそのまま面接で伝えてしまうと印象を悪くしてしまうこともあります。
今回は、ネガティブな転職理由をポジティブに伝えるコツを紹介します。

①ステップアップするためと伝える

転職理由のほとんどは、前職に何かしら不満や問題を抱えていたか、物足りなさを感じていたためであることが多いでしょう。しかし、前職の不満をそのまま面接で言うことは、ネガティブな印象が強くなるため、避けたほうがいいでしょう。

面接官に「この人はどこに行っても自分が満足できないと辞めてしまうのではないか」と思われる可能性も出てくるかもしれません。本当の転職理由が人間関係や仕事の不満であったとしても、仕事内容や上司を転職理由には出さず、自分自身を高めるステップアップが目的であると伝えたほうがいいでしょう。

②前職で得たことを前面に出す

面接で転職理由を聞かれたとき、伝えて不利になる転職理由はあえて話す必要はないでしょう。社会人として働いている以上、不満や愚痴は誰しも感じるものなので、面接で仕事の不満を口にすることは幼さを感じさせる要因になることがあります。

例えば本当は「年功序列の古風な社風であったため、物足りなさを感じていた」という転職理由であっても、面接では「前職では、目上の方との接し方や上手な仕事の進め方を身につけることができました。御社では、前職で得たスキルを活かし即戦力として貢献したい」と言い換えれば、ネガティブな印象はなくなるでしょう。

③これが最後の転職と伝える

ネガティブな転職理由を「スキルアップ」や「前職での経験を活かす」をキーワードにして、ポジティブな転職理由に言い換えることができれば、ひとまず転職理由としては成功といえるでしょう。しかし、転職理由の最後に「これが最後の転職と思っています」の一言を加えるだけで、面接官の印象はずっと良くなるのではないでしょうか。

面接官が転職の面接で一番注目するところは「転職を繰り返す性格なのではないか」なのです。転職を繰り返すつもりはなく、全力で仕事に取り組む姿勢を伝えることができれば、それは最大のポジティブな転職理由になるでしょう。

ネガティブな転職理由はあえて伝えず、前向きな内容で転職理由をまとめることがポジティブな転職理由を考えるときのポイントになります。今までの自分の経験に自信をもって面接に臨んでください。

面接の関連情報をチェック