面接で聞かれるニュース内容と答え方

ニュース

面接で「最近気になるニュースはありますか?」と聞かれた時に、「やばい。。。」と思ったことはありませんか?
今回は、面接前に見ておくべきニュースと、面接での答え方を分かりやすく解説します。

経済ニュースは見ておく

面接でニュースについて話題が及んだとき、経済ニュースは一番の王道になります。世界経済と国内経済についてチェックしておくといいでしょう。大きなニュースがあったときには面接で聞かれる可能性が高くなるため、ニュースの背景についても多少答えられるようにしておくと安心です。毎朝ニュースを見る時間がない場合には、経済新聞のヘッドラインを読むだけでも動きを把握することはできます。

業界ニュース

経済ニュースは、全体的な流れをつかんでおくことが大切でした。
しかし、業界ニュースについては、多少深堀しておく必要があります。例えば、「例のニュースの原因についてご存知ですか?」と質問されたとき、「はい、ハブが原因でした」と答えたとします。すると、業界に関するニュースの場合はさらに、「ハブってなんだか知ってるの?」と聞かれることがあるのです。ハブとは専門的な部品の名前で、ニュースの表面だけを調べたのでは知りえない情報です。

業界に関わることで大きなニュースがあったときには、掘り下げて調べておくようにしましょう。

また、面接官のプライドを刺激するような知ったかぶりや評価するような口ぶりは印象を悪くするため避けるようにしましょう。

応募企業の新着ニュース

応募企業の新着ニュースは、必ずと言っていいほど面接で聞かれ、また話題出すべき内容のためチェックするようにしましょう。

企業に関する新着ニュースは、各社の公式ホームページを参考にするといいでしょう。新着ニュースを探すときに、インターネットから探すことは避けたほうがいいかもしれません。新着ニュースと噂は異なり、インターネットから情報取集をすると、不確定な情報を新着ニュースとしてとらえてしまう可能性があるからです。面接で話題に出すときには、確実なニュースであると確認できたものだけにしましょう。

 

面接で気になるニュースを聞かれた場合には、その人の価値観や大人としての成熟度をみられていると考えられます。社会人の常識として、経済だけでなく世界情勢と国内の動向については敏感になる努力をしていきましょう。

面接の関連情報をチェック