誰でもできる!面接がうまくいかない時はこの「3つだけ」チェック

面接がうまく行かない

面接に落ち続けると、自分のすべてが否定されているかのような気持ちになってしまうことがあります。落ち続けることで自分に自信をなくしてしまい、すべてが悪循環になってしまっているのかもしれません。面接がうまくいかない時には、立ち止まって冷静に自分を見直してみるといいでしょう。今回は、見直すときの3つのポイントについてお話しします。

顔がこわばりすぎていないか

面接は1対3のように相手の方が多い人数であることが多いでしょう。また、自分よりもずっと年上で恐縮してしまうかもしれません。しかし、必要以上に緊張すると自分の実力を発揮することが難しくなるだけでなく、相手にも緊張が伝わってしまうのです。緊張は顔をこわばらせ、表情豊かに語ることを妨げてしまいます。転職活動を始めて間もないうちは、緊張でこわばり失敗してしまうかもしれません。面接は場数を踏むほど慣れ、リラックスして受けられるようになるものです。失敗してしまった面接を引きずらずに、「いい練習になった」と考えを切り替えることでリラックスして面接を受けられるようになるでしょう。

応募企業のことを勉強しているか

転職者の中には「社会人経験があるのだから、いまさら企業研究なんてしなくても大丈夫」と思う人もいるかもしれません。しかし、どんな業界でも日々変化しているものです。知っていると思っていたことは、すでに時代遅れなのかもしれません。落ちた面接で話した内容を思い出し、二度と同じ間違いをしないように復習することも、面接を成功させるコツです。どこの会社の面接でも使えそうな話を使いまわすのではなく、応募企業ごとに適した内容を話せるように勉強しておくことが大切です。

よくある質問と5回の自問自答練習をしているか

面接で最初に聞かれる質問はだいたい決まっています。それは、答えやすい質問をして声を出させることでリラックスさせる目的もあるからです。よくある質問をされたのにもかかわらず、答えに詰まっていまったりしているようでは練習不足でしょう。よくある質問は、頭を使わなくても自然と口が答えるように、5回程度は練習します。練習しておくことで、心にゆとりが生まれ面接にも余裕を持って臨むことができるでしょう。

 

面接がうまくいかない時、「うまくいかない原因は、自分の応対がうまくできていないから」ということに気がつくことができれば、解決方法はあるのです。見直すべき3つのポイントを丁寧に考え、1社1社の面接を大切に受けていくことが採用を勝ち取るコツなのではないでしょうか。

面接の関連情報をチェック