圧迫面接…実は脈あり?意外と知らない圧迫面接の乗り切り方

圧迫面接

圧迫面接をされると「これは落ちたかな。」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?
しかし、圧迫面接をされたからと言って諦めることはありません。
今回は、圧迫面接を前向きにとらえ、心の準備をしておくことで上手に乗り切る方法について解説します。

試されているということを認識しておく

圧迫面接をされるということは、勤務条件や採用に関する基本的なことは合格し、最終的な人間性や想定外のトラブル時の反応をみられていると考えるといいでしょう。ストレスを与えたときに相手が、どういう態度で返してくるかをみているのです。

会社ではさまざまなストレスにさらされることになり、その都度感情的になったり辞められるようでは困ります。そのため、わざとストレスをかけて反応を見ることが目的なのです。圧迫面接をされていると判断したら逆に「採用に近づいた」と思って、冷静に対応するようにすることであなたの評価は上がるでしょう。

勉強不足の時は、正直に言う

圧迫面接では、わざと難しい質問をされることもよくあります。質問された内容の意味がわからなかったり、答えが出せないようであれば知ったかぶりをせずに「申し訳ありません。勉強不足です」と伝えましょう。面接官は、業務上で間違いをしてしまった場合や、自分一人では対処できないときの反応を試している可能性があります。間違いや知識のなさを隠そうとせず、誠実に対応することで勉強不足をプラスの評価に変えることができるかもしれないのです。

想定していない質問には落ち着いて正直に答える

圧迫面接では、舌打ちをされたりと失礼な態度をされるだけのこともありますが、想定していない質問をされ、答えを求められることもあります。なんとかすぐに答えようと、ろくに考えずに失敗した答え方をしてしまっても、一度発した発言を取り消すことはできません。想定していなかった質問の答えの場合には、多少返答までに時間がかかったとしても、落ち着いて正直に答えたほうがいいでしょう。表面的な答え方は、さらに深く質問されたときに答えに困ることになるため避けたほうがいいでしょう。

 

圧迫面接では、面接官の思う壺にならないよう、冷静であることを心がけましょう。
事前に心の準備を整えて、上手に圧迫面接を乗り切りましょう。

面接の関連情報をチェック