面接が苦手なあなたも大丈夫!誰でもできる面接克服法とは?

苦手な面接

「面接が苦手なんです。」そんな悩みを抱えておられる方は多いでしょう。面接得意なんです、なんていう方はほとんどおられませんね。営業が大好きでトップの成績を収めてきた人くらいのものでしょう。では面接の苦手意識を克服する方法を3つご紹介します。

練習、練習、そして練習!

営業が得意な人はどうしてあまり緊張せずに行うことができるのでしょうか?

もちろん元々話すのが好きで初めての人とも打ち解けて話すことができるというタイプかもしれません。でも大抵の場合は何度も訪問して慣れているから、つまり場数を踏んでいるからです。

面接に関しても場数を踏めばよい、というのは簡単ですがそれはちょっと難しいですよね。本番を何度も経験するのが難しければ、練習を何度もすればいいわけです。実際に声に出して面接の練習を1人でしたり、友人や家族に付き合ってもらってしたりできるでしょう。

できれば、会議室など実際の面接に近い場所で行うことができれば尚いいです。

焦って無理に答えようとしない

質問されるだろうと予測してきた質問に答えるなら落ち着いて答えられるのだけれど、予想外の質問が来たときに焦ってしまうので、面接は苦手だという方は多いでしょう。本当に真面目に取り組んでおられることがよく分かります。

そんなときは焦って変な回答をしがちです。そういうときはひとまず落ち着いて、「少し考えさせていただけますか。」などと言った方が落ち着いてうまく答えることができるでしょう。予想しない事態が生じてもじっくりと落ち着いて考えられる信頼できる人だと思ってもらえるかもしれません。

考えても回答が出ないときは正直に「番強不足でした。申し訳ございません。さらに勉強に励みたいと思います。」と言うのもよいでしょう。

リラックスして臨む

面接が苦手だと思う理由は何でしょうか?きっとその中には、緊張するからという理由が含まれるでしょう。

ですから緊張をできるだけ減らすことが苦手意識を克服する秘訣と言えるでしょう。とは言っても緊張しないでいることは難しいですね。考え方を変えてみましょう。

私たちが緊張するのと同じように面接官も緊張しているかもしれません。自分の会社の利益となるかもしれない、また不利益になるかもしれない人材を選ぶ重責を担っているわけですから。そう思うとお互いさまを思えますね。

また、こちらがただお喋りするだけ、自分のことを伝えるだけ、と考えてリラックスするなら面接官もリラックスしてくれて、話しやすい雰囲気が生まれるかもしれません。

 

面接が苦手な人の為の克服法、いかがでしたか?まずは準備と練習、そして想定外のことには焦らず対応、リラックスする、そうすればきっと面接に慣れてくると思います。面接を、自分の新たな人生の幕が開くかもしれない楽しいひとときと考えてポジティブ思考でいきましょう!

面接の関連情報をチェック