私の人柄は、良く伝わっている?面接官が見ているポイントとは?

人柄

面接では面接官の質問の裏に隠された意図を勘ぐり、心配になってしまうことがあります。
しかし、心配している態度は自信がない様子に見えることもあります。
今回は面接でみられるポイントについてお話しします。

①同僚として働きたい人柄か

転職の面接は新卒面接とは異なり、会社側の面接官は3人程度で役員と部長と直属の上司になる人であることが多いでしょう。中でも合否を決断する際は、直属の上司になる人の判断が重視されることが多いようです。直属の上司は、現在の部署に入社した場合に違和感なく溶け込めるかをイメージしながら面接をします。採用されたいからといって、自己主張があまりに強すぎる人は部署の雰囲気を壊す可能性も考えられます。面接では、自分が話す内容ばかりに気を使いがちですが、実は面接官は話を聞いている姿勢をみていることが多いのです。話すべき時は話し、聞くときは落ち着いて聞く姿勢をみせるといいでしょう。

②自分がやってもらうことばかりを期待していないか

転職者と新卒者の大きな違いは、転職者にはすでに一定の経験とスキルがあり、即戦力として期待できることです。そのため、面接で「新しいスキルをみにつけたい」や「仕事を教えていただきたい」という受け身の意見ばかりを言っていまうと物足りない人材にみられることがあります。面接では、新たな職場で発揮できる「自分の現在のスキル」を伝えるといいでしょう。しばしば自分のスキルを低く見積もって謙遜して伝える人がいますが、面接では謙遜はせず正直に伝えるようにします。転職の面接では、会社側も会社に何を与えてくれる人なのかをみています。自分ができることを具体的に伝えことが大切です。

③臨機応変な対応ができるか

現在は面接でプライベートな質問や仕事に関係ない内容の質問はされないことになっていますが、雑談の中で若干プライベートに関する質問なのかなと思う質問をされることもあります。そのときに「仕事とは関係ないのでお答えしません」と言えば角が立ちます。答える必要がないと判断した場合には、はっきりと断ることも大切ですが、社会人としてその場の雰囲気を壊さずに臨機応変な返答ができるかを試されていることもあります。明確に答えを出したくないときは「そのときの状況を見ながら判断したいと思います」など大人の対応をすることで、プラスの評価につなげることもあるのではないでしょうか。

 

今までの自分に自信を持って、柔軟な対応ができるかを面接ではみられています。面接される側も会社のいい部分を発見するつもりで自然体で面接を受けてみてください。

面接の関連情報をチェック