一人でも大丈夫!効果的な面接の練習法とは

面接の練習方法

面接の質問と回答例を覚えるだけでは、本番ではなかなかうまくいきませんよね。どうらやって本番に備えればいいか分からないという方の為に、今回は、企業面接の練習方をご紹介いたします。

一人での練習方法

●声に出して練習する
質問をされたと想定して、実際に面接官の前で話すボリュームで声にだして練習しましょう。
ブツブツとひりで言うのと実際に対象があって話すのは全く違います。
スーツを着て、鏡の前で自分の目や表情を見ながら練習するのもおすすめです。
回答内容が定まってきたら、質問をランダムに録音して流すなどして、歩きながら食事をしながら、移動中にどんな状況でも回答がぱっと出ることろで、身体に浸透させましょう。
これは、俳優さんが台詞を覚えるのにやっている方法でもあります。ただ 台詞を覚えるだけでなく役の思考や間合いは身体で覚えるのです。

●初対面の相手と話す機会を増やす
身近なところからはじめると、コンビニやレストランの店員さんにも目をみて挨拶すことを意識しましょう。
他にも、公園で年配の方をに声をかけて世間話をする。交流会や説明会といった人が集まる場所に積極的行ってコミュニケーションをとるなど。
特に年上の人と話す機会を増やす事で、初対面の人と話すことのへの免疫をつけておくと面接に役立ちます。

人とする練習法

●家族や友人と練習する
他の人に練習につき合ってもらい、フィーソバックを貰う事はとても為になります。
実際に質問をしてもらい、本番を想定して答えてみて、印象をきいてみましょう。
思いがけないアドバイスを貰えたり、想像より伝わっていなかったりと、改善点がみつかります。
また、ひとりでは出来ていたことが、相手がいると出来ないこともあるので、他者を交えた練習は非常に効果があります。

●模擬面接に申し込む
転職サイト運営会社などで、サポートとして模擬面接の場を設けています。
友人や家族にはない緊張感とリアルさがあるので、身だしなみも整えて本番さながら挑みましょう。
相手はプロなので、敢えて難易度を高めにしてもらったり、流れを意識して面接室への出入りも練習をすることもできます。
また、企業の傾向や対策の情報を得られることもあるので、積極的に利用することをおすすめします。”

企業面接の練習方法のご紹介、いかがでしたか?
転職だからこそ、面接でコミュニケーションの能力や落ち着きが求められます。新卒のときにいくつも経験したから大丈夫だろうとか軽く考えずに、しっかりと練習はしておきましょう。
これであなたも、万全を尽くせる状態で本番に臨めますね。

面接の関連情報をチェック