受かる人はやっている!面接に行く前に調べおくべきこととは?

面接の前に調べておくべきこと

面接の際、企業について詳しく知っておくことは入社意欲のアピールになります。
今回は、事前に調べておくべきポイントをご紹介いたします。

面接で企業知識を聞く理由

面接の際、面接官が企業知識に関する質問をするのは、応募者の3つのポイントを読み取るためです。
企業への理解度、入社意欲、応募者の情報収集能力の3つです。

企業が求めているのは、会社のために尽くせる人材です。
ホームページはもちろん、ネット上や雑誌などのインタビューや特集記事などの情報を織り交ぜて答えることができれば、入社意欲と理解度をしっかりアピールできます。
面接官は企業の代表なので、自分の誕生日や長所を知ってもらっているの嬉しいのと同様に、企業の事をしっかり知っていることが重要なことがわかりますよね。

さらに情報収集や処理能力に長けている事も認められるので、仕事ができる人材という印象も与えられます。

面接前に調べておくべきポイント

面接に行く前に、応募先企業の資本金、経営理念、経営方針、社内組織、従業員数、これまでの実績は、最低限調べておくべきことです。
他にも、競合会社、人気商品・企画など、社長の経歴など・・・ネットなどで知り得る情報は集めておきましょう。

弊社について知っている事はありますか?という質問に対して回答例をご紹介します。

●悪い例
「御社のホームページを拝見して、大体のことは存じております」

これでは、曖昧すぎて本当に理解しているとは思えませんし、質問の意図を組んでの回答になっていません。

●良い例
「御社は設立以来○年間、順調に売り上げを伸ばしており、◯◯のヒットにより更なる注目を集められている事を存じています。その後も、商品の進化で日常を新しくするという理念の通り、常識を覆すキャッチーな商品を提供し続けていることが人気の要因だと思います。」

このように、具体的な業績や理念を織り交ぜて答えると、企業のことをよく調べていていることがよくわかり、且つ入社意欲が伝わりますよね。
また、この時ただ情報を羅列するのではなく、自分の言葉にして簡潔にまとめて伝えられる事が更なる評価に繋がります。

企業面接に行く前に知っておくべきポイントと回答例のご紹介、いかがでしたか?
闇雲に何社も受けていると、陥りやすいミスのひとつとして企業リサーチ不足があり、それは面接時にバレてしまします。
しっかりと企業について調べて、そこで働く自分をイメージして面接にいくことが大切です。

面接の関連情報をチェック