面接で必ず聞かれる逆質問は何を質問すべき?

逆質問で聞くこと

面接の最後にされる質問に「なにか質問はありますか?」というのがあります。これで終わりとほっとして「特にありません」なんて答えるのはNG!これは最後のチャンスです。今回は、逆質問ですべき質問を3パターンご紹介します。

パターン1:意欲を見せる

意欲をみせるには「もし入社したら」をいう入社後のイメージを描いた質問が効果です。

「入社までに準備(あるいは勉強)しておくべきことを是非教えていただけますか?」
「入社後はそれくらいの期間で、またどのよう形で業務に合流させていただけますか?」
「具体的な一日の業務の流れを、お教えいただけませんでしょうか」

このように、実際の業務の質問は意欲や熱意のアピールにつなががります。ただし、あまり突っ込んだ内容は悪印象になりかねないので気をつけましょう。
また、「もし採用していただいたら・・・」といった前置きも忘れずに。

パターン2:資質を見せる

ここで自身の強みをさりげなくアピールすることもできます。面接で伝えきれなかった部分や、手応えを感じたことを最後にプッシュしましょう。

「前職での◯◯の経験(あるいは資格)は、希望する部署でお役にたてる分野はございますでしょうか?」
「私のこれまでのスキルやキャリアで、御社で活躍する上で足りないものや、伸ばすべき物は何があるでしょうか?」

このように、スキル+向上心を見せることで好印象を残せます。ただし、露骨になりすぎると嫌味になるので、充分にアピールが済んでいたのならば、この手の質問は避けた方が良いでしょう。”

パターン3:相性をみる

企業をと自分の相性を見ておく事は重要なポイントです。さらには、リアクションで自分が希望会社の社風に合っているとアピールすることもできます。

「◯◯さん(面接官)は、御社でのお仕事のやりがいをどのような点に感じているかお教えいただけますか?」
「御社の社員として、最も重要な心がけや意識しておくべきことをお教えいただけますでしょうか?」

このような質問は一見強気な印象もうけますが、将来の上司にご教示頂く姿勢は入社威力の現れともとられます。
そして、このパターンはリアクションも重要です。真摯に聴き、敬意を示す事で、面接官にも一緒に働きたいという気持ちを持ってもらうチャンスなのです。

逆質問で質問すべきパターン3選のご紹介いかがでしたか?転職の面接では特に採用に大きく影響してくるので最低でも5つは用意しておくことが必須です。
調べれば分かるような内容や、福利厚生面の質問は印象を悪くするので避けましょう。

面接の関連情報をチェック