面接で答えられないことが良くある人必見!誰でもできる解決法3選

質問に答えられない

面接に臨む前には質問に対する答えをしっかりと考え、準備して臨んでおられることでしょう。しかしいざ本番になるとちゃんと答えられなかったり、答えが薄っぺらくなってしまったり、ということはありがちですね。

では面接で質問に答えられないことが多い人に見直していただきたい3つの点をご紹介します。

なぜその会社に入りたいのか5回掘り下げて考える

まずは、なぜその会社に入りたいのか、ということですね。面接を受ける会社のことを前から知っていて大好きでそこしかない、という場合なら自然と熱意を持って具体的に語ることができるでしょう。

そしてその気持ちは会社にも伝わることが多いです。しかし、大抵の場合は何社もの面接を受け、その職種に就きたいから、という理由が本音です。その場合はなぜその会社に入りたいのか5回掘り下げて考えてみましょう。5回考えることによって、表面的な理由以外にも深い理由が見えてきて、面接官の心をつかみ印象に残る回答をしやすくなります。

なぜその「会社」なのかと考えるとその会社のことを詳しく調べるようになります。そしてその段階でその会社の特徴の中で自分が心惹かれる点が見えてくると思いますので、その点を広げ深めて言葉で表現してみると良いでしょう。心からその会社を褒めるわけですから面接官の心も動きやすいでしょう。

なぜその職種に就きたいのか5回掘り下げて考える

なぜその職種に就きたいのかについても5回掘り下げて考えてみましょう。その「会社」を選ぶ前にまず自分のしたい職種からその会社を特定したことがほとんどだと思います。会社を探す際に検索する段階でその職種を選んでいますよね。

ですから多少なりともその職種に関心があるはずですので、簡単な志望理由については言うことができていると思います。しかし、5回掘り下げて考えるなら更に深い回答をすることができるでしょう。

またこの質問をする会社側の動機としては、その職種についての正しい理解があるかどうかを確かめているという点とその職種に適正な人物かどうかを見ているという点があります。そのため、その職種に対する正しい知識と認識が必要となります。

ですからここでも自分の就きたい職種について詳しく調べて、その中でも得に自分が心惹かれる分野について詳しく熱意を持って語れるよう準備しましょう。

なぜその会社で活躍できるのか5回掘り下げて考える

最後になぜ自分がその会社で活躍できるかを5回掘り下げて考えてみましょう。なぜその会社を志望したのか、なぜその職種を選んだのかについて5回掘り下げて考えて発言するなら熱意は伝わるでしょう。しかし、熱意だけでは仕事は務まりませんね。

会社が求めているのは会社で役に立つ人材です。できれば即戦力になる人です。ですから自分がその会社でどんなふうに活躍できるのかもしっかりアピールすることが採用になるかどうかの鍵になります。以前の職で経験したプロジェクトや経験、資格、学生時代に行った研究などの中からその会社で必要とされているであろう経験や技能をマッチングさせます。

そしてそこを掘り下げて考え、いかに自分がその会社にとって必要な人材となるかをうまく表現してみましょう。

 

面接官は何十人、何百人もの人と面接をします。質問にきちんと答えられないと先に進むことは無理ですよね。この3点について5回掘り下げて考えるなら、深みのある回答をすることができ、面接官に印象付けることができるかもしれませんよ。

面接の関連情報をチェック