面接にはリュック?ビジネスバック?好印象を与えるマナーとは

リュックで面接

最近は、ビジネスマン向けに「リュックが機能的」といった記事があったり、商品が開発されたりしていますね。「3WAYバックなら大丈夫じゃない?」と思う方もいしゃっしゃるかもしれません。

でも、面接にリュックで行くのは、できれば避けたほうが無難です。色が黒でも3WAYバックでも、リュックにはカジュアルな雰囲気が残るからです。面接はいってみれば、企業とのフォーマルなお見合いのようなもの。正装をしている相手にTシャツで会いに行くようなものです。

面接での服装は社会人としてのマナー

面接の服装では、あなたが「社会人としてとしてのマナーを知っているか」どうかを見られています。スーツやシャツがよれたり汚れたりしていないか、清潔感のある着こなしをしているか、靴は磨いてあるかなど、あなたを「社員として」他の会社のひとに紹介しても大丈夫かどうかを見極める場なのです。

ですから少しでもマイナスになる要素は排除し、面接にはやはりスーツとビジネスバックで臨みましょう。ビジネスバックはA4サイズが入り、自立できるタイプのものが扱いやすく便利です。

一旦入社してしまえば、服装がラフでも良い会社や職種もありますが、少なくとも面接時には、多少不便だったり没個性だと思ったとしても、いわゆる「フツ―(常識的)」なビジネスマンの着こなしができることが大切です。

<<社員の多くがリュックの場合>>

社員の多くがリュックを使用している会社でも、面接にリュックで行くのは微妙です。カジュアルな印象は、浮ついてみえたり、学生気分が抜けていないようにみえたりしかねません。入社してからリュックを使うのは全く問題ないでしょう。

<<社員の多くがビジネスバックの場合>>

面接はもちろん、多くの社員と同じように、入社してからもビジネスバックを使う方が社風になじみます。「郷に入れば郷に従え」です。何年か経って仕事での成果を周囲も認めるほどになれば、あなたがどんな鞄で出社しようと誰も何も言わないでしょう。

会社員は「組織の中で機能できる」ということが大切!

一般的に「カジュアル」と認識されているリュックを、敢えて「フォーマル」な面接の場に持っていくのは、ある種の掟破りのようなもの。面接にリュックで行くのは「私には常識がありません」「堅苦しいのは嫌いです」「相手への印象よりも自分の都合を優先します」といっているようなものなのです。気をつけてみてくださいね。

面接の関連情報をチェック