回答例付き!第二新卒が面接で聞かれること3選と効果的な答え方

第二新卒で聞かれること

初めての転職活動。第二新卒ならでは質問ってどんなのがあるのか気になりますよね。
今回は第二新卒だからこそ面接の際に聞かれやすい以下の3つの質問との答え方例をしっかりお伝えしていきます。

今の会社でまだまだ経験を積んだ方がよいのではないですか?

この質問をする時に面接官が知りたいのは、「なぜ転職をしようと思ったのか」についてです。新卒で就職して3年以内に転職するわけですから、その理由を確認するための質問でもあります。

この質問をされた場合は、まず転職を考えた理由について、そしてその会社で何がしたいのかについてしっかりと伝える必要があります。

ここで、転職をしようと考えた理由を面接官に納得させることが出来なければ、忍耐力がない人材とマイナス評価されてしまいます。逆に、転職理由が納得のいくものであれば、基礎的なビジネスマナーとスキルがある人材として積極的に採用される可能性も高くなります。

<解答例>

「自分の得意不得意を考えた際に、これまでの業務を通じて、〇〇が得意であることに気づきました。そしてこのスキルを最大限に活かせるのはXX職であると感じ転職を決意いたしました。御社が今力を入れているYYの業務において、このスキルを活かすことができると考えております。」

<ポイント>

①面接官が聞いてきている、「今の会社が良いのでは?」という問いに対し、それを否定せずに、転職の方がより良いと伝えている点がポイントです。

②得意なスキルを御社で活かす。と伝えることで自分本位ではなく、会社の利益をちゃんと考えられる人である。という印象を与えることができます。

どうして今の会社を選んだのですか?

面接官がこの質問をする意図は「どれほど深く考えて働く場所を選んでいるか」という点です。ですから、今の会社を選んだ理由はできるだけ具体的に述べた方が良いでしょう。そうすることで、よく考えた上で転職を考えたのだということを伝えることが出来ます。

話しをしていると自然と「なぜ、転職をしようと思ったのか」ということも聞かれてくるかと思います。その時に「今の会社ではできないことに挑戦してみたくなった」「生涯の仕事にしたいと思えることが見えてきたので、若いうちに転職したい」といったことを具体的に伝えることが出来ます。

仕事における得意不得意はなんですか?

第二新卒の場合は新卒の面接とは異なり、面接では人事ではなく各部門の部長クラスが主体となって採用を決定していきます。それで、仕事における得意分野をしっかりとアピールすることは採用に直結するポイントでもあります。
転職前の会社で培ったスキルや経験などを具体的に伝え、それがどのように会社で活かすことが出来るか論理的に説明できるようにしておくと良いでしょう。

企業は「第二新卒」の採用に積極的です。しっかりとしたキャリア設計に基づいて転職を考えていること、そして今までにどんなスキルを身につけてきたかをはっきりと伝えることが出来ると、社会人経験がない新卒よりも採用される確率は高くなるでしょう。

面接の関連情報をチェック