転職で面接官の印象に残る自己紹介のコツ

面接での自己紹介

面接で冒頭で求められる自己紹介は、面接の流れを決めます。ここで面接官の心を掴めれば面接は成功したも同然です。挨拶と名前を述べた後は、いろいろとアピールしたい事はあるかと思いますが、端的に以下の3つの事を伝えましょう。

職務経歴の概要

まずは、現在に至るまでの職歴。ここでは、職務経歴書どおり「◯年に××会社に入社し、△△部にて〜の業務に従事していました」と伝えます。
転職経験がある場合は、「その後××会社に転職し・・・」と続けましょう。
勤務期間が短いなどで伝えたくない経歴がある場合は、必ずしも言う必要はありませんが、空白の時間は後に指摘される可能性が高いので、答ええお用意しておく必要があります。

前職で培ったスキルと業績

スキルや実績は、【希望する職種に適したもの】をピックアップして伝えましょう。
情報をダラダラと話すと、聞く方は疲れてしまいます。
「〜に注力し、〜に取り組んだ結果、〜の成果をあげました」と内容をまとめて、いくつか話す場合は時系列に沿って話すと伝わりやすいです。

ここでは具体性が求められるます。
「◯◯キャンペーンの業務では、キキャンペーンのディレクションのチームリーダー名乗り出て、前年比120%の応募数を取得した功績が認められ、社内表彰を受賞しました。」
というように、業務内容、意欲、数字を用いた業績、客観的評価を交えると、面接官がイメージしやすいです。

自身のことを話すときは、情報不足や過剰に陥りがちです。
緊張すると余計に何を話しているか分からなくなりがちなので、この部分は文字にして書き出し、情報の精査をして何度も口にだして練習しておきましょう。

転職後にやりたい事と貢献できる事

ここが一番重要なポイントです。転職理由でもある今後のビジョンは面接官の共感を得る内容でなければなりません。
企業が強化したい分野や、求める人材に沿ったプレゼンが、採用のに大きく影響します。
自分が培ったスキルと業績をもとに、今後どんな仕事にチャレンジしたいか、さらには即戦力の人材としてどのように会社に貢献するかを、しっかりと面接官の目を見て伝えましょう。
「◯◯を学びたい」といった言い回しは謙虚に聞こえますが、転職の場合は頼りない印象になるのでNGです。
「御社の新事業である◯◯で、前職で経験した××分野でのキャリアアップしたいと考え志望しました。」というような具体的な意思表示が必要です。

転職面接で自己紹介で伝えるべき事のポイントは掴めましたでしょうか。
自己紹介は3分以内が鉄則です。長くならないように、ポイントをし効果的に魅力をまとめましょう。

面接の関連情報をチェック