面接官の印象に残る!効果的な長所の伝え方とは?

効果的な長所の伝え方

面接で長所を質問を聞かれたときには、自己分析・認識力と希望する仕事への適正を問われています。今回は、この2点考慮した“効果的な長所の伝え方”と例文をご紹介いたします。

結論・根拠・仕事をする上でのメリットの3つを伝える

長所を伝えるときには、まず伝えたい長所である“結論”から伝えます。
次に、それを裏付けする実績や客観的な評価を簡潔に話“根拠”として説得力を加えます。
最後に、自分が希望する業界や職種にその長所が具体的にそのように活かされるかの“仕事をする上でのメリット”を話すことが効果的な伝え方といえるでしょう。

この3つを組み合わせて話すことで、あなたの人間性が伝わり、面接官に一緒に働くイメージを抱かせる効果があります。

長所の伝え方の例文

●協調性・明るさのアピール
私の長所は、誰とでも円滑な関係を築けることです。
公私ともに、持ち前の明るさで常に潤滑油のような役割を担っっていて、前職でもこの性格を評価していただき、上司にクライアントとの会食の場に呼んで頂いたり、新人教育も任されていました。
良好な人間関係を構築するためには信頼していただくことが第一と考えているので、迅速なレスポンスや提案をするといったコミュニケーションには特に力を注いでいます。
その結果、「また一緒に仕事をしたい」という言葉をたくさんいただき、入社◯年目から営業成績は◯期連続でトップを記録することができました。
このスキルを持って、御社の営業部でも貢献したいと考えております。

●慎重さをアピール
私の長所は慎重さがと思っています。常にあらゆる可能性を想定し、注意深く業務に従事しております。
前職の営業事務の仕事では、独自に進捗管理票を作成し提案することで、業務が円滑になったという評価をいただきました。
優先順位を整理と情報共有をタイムラグなく事細かにチェックすることで、未然にトラブルを回避することができ、チーム全体の業績アップにも貢献できたという自負もあります。
この慎重さを活かし、一日でも早く組織の一員として着実な仕事をする事で、御社の営業部を担っていく事を目指します。

例文のポイント

2つの長所の例文をご紹介しましたが、それぞれに“結論”“根拠””仕事をする上でのメリット”の3つ項目がふ含まれていますよね。
自分でこう思っているという評価だけでなく、実績に即した他者の評価を交える事で、“根拠”として成立しています。
また、希望する職種の即戦力えあることを示しているのも好印象になります。

面接での効果的な長所の伝え方のご紹介、いかがでした?
自分の長所はなかなかみつけにくいものですが、自信がある分野や評価してもらったことを整理してみましょう。
いくつも挙げるりも、希望する職種に活かせる一点に集中したアピールが効果的です。

面接の関連情報をチェック