これで安心!誰でもできる面接の緊張克服法とは

面接での緊張克服

面接は誰しも緊張するものですよね。ある程度の緊張感は必要なことですが、緊張していると自信のないように見えたり、うまく話せなかったりと採用が遠のいてしまします。ここでは、緊張を克服する方法をご紹介します。

緊張しないようにしようと思わない

緊張しやすい人ほど、緊張しないようにしようと意識してしまいがちですが、緊張する事自体悪い事ではありません。
人は○○してないようにと思うとすると余計に意識してしまうものです。
緊張するのは、それだけ本気で取り組んでいるからです。ドキドキは良い反応だと自分を褒めてあげるくらいでいいのですよ。
「手足や声が震える」「頭が真っ白になる」という症状は不安からくるものであって、それ自体は緊張でない事を知っておきましょう。

不安を解消する

不安は準備で克服出来ます。質問な回答例をいくつもつくり、完璧に頭に入れる。人にお願いして練習につきあってもらいましょう。
紙に書く、録音して聴く、何度も口にするということで、身体で覚えていけば頭が真っ白になる事はありません。
一言一句間違えないようにする必要などありません。面接で聞かれるのはあなた自信のことです。自分の考えをしっかり整理しておけば、イレギュラーな質問をされたとしても言葉は自然に出てくるものです。
面接練習の場を設けているような転職サイトの運営会社もあるので、そういったものの活用もおすすめです。

面接のと面接感に感謝する

完璧に準備したと思っても、いざ面接官を目の前にすると震え上がってしまう。という経験があるのではないでしょうか。
そんな時、「面接官に自分がどう見られているどろうか」「変な事言ったら落とされる」という思考になっていませんか?
面接は落とす為の物ではなく、一緒に働く良い人材に出会うための場です。
企業はあなたの資料をみて、「会いたい」と思ったから面接の場があるのです。

お互いに好意を持ってその場にいると思えると気が楽になりますよね。
さらには、あなたのために面接の場を設けて、面接官の方も時間をつくってきれていることに「感謝」しましょう。

「面接の場を頂けている私は最高にツイている」「本日はお時間を頂いて本当にありがとうございます」という気持ちで面接に行くだけで、気持ちがとても楽になりますよ。

直前はリラックスして集中力を高める

面接のぎりぎりまで、回答例をチェックしたりブツブツを練習をしていては気持ちが焦って緊張をあおってしまう結果になりかねません。
面接前は、好きな音楽を聞いたり、深呼吸したりとリラックスして集中力を高めましょう。
そのために、自分がリラックスできる曲を決めておく事もおすすめです。これは有名アスリートもしていることです。

また、面接が成功した自分をイメージしましょう。失敗したらどうしようとは一切考えずに、上手く行く事だけ考えていれば、上手くいくマインドに自然になっていきます。

面接での緊張の克服法のご紹介、いかがでしたか?
特に面接に感謝するとうのは目からウロコですよね。しっかり準備して、感謝して面接に望めば、面接は成功する。そう思うことで緊張は誰にでも克服できます。

面接の関連情報をチェック