「今はどんな仕事をしていますか?」と面接で質問された時の回答のコツ

今の仕事の答え方

転職活動の面接では1時面接などど、「今はどんな仕事をしていますか?」と聞かれることが多々あります。
この質問の意図は”即戦力かどうかを見極めること”です。

中途採用の場合、企業側の目的は2つ

一つは、即戦力としての人材募集

もう一つは、未経験からの人材募集

この質問に回答する場合、あなたがどちらのケースでの応募かによって、注意すべきポイントは変わってきます。

即戦力での募集の場合

単に仕事内容を答えるのではなく、相手が求めている経験や業務について答えることがポイントです。

例えば、企業が募集している業務内容が既存顧客からの売上向上であった場合で、

あなたが、現在の職場で新規開拓も既存顧客からの売上向上の業務も両方を担当している場合、両方説明の必要はあるものの、後者を多く話すことで、相手企業が求めている人材であるという印象をより強く持ってもらうことができます。

未経験からの場合

今の業務の中でも、その企業が求めている基礎スキルが身につくと考えられる業務内容について話すと合格の確率が上がるでしょう。

どの企業のどの募集かによって求められる特性は変わってくるので、一概にこれといったものはないのですが、例えば、論理的思考力はあるか、ストレス耐性はあるか、発想力はあるかなどです。

これらを見極める上で、未経験での応募の場合、企業はどんな業務をどのくらいの期間やっていたかで、見極めをすることが多いです。

例えば、

新規開拓営業の経験が1年以上あれば、ストレス耐性はありそう。

企画系の経験が1年以上あれば、発想力がありそう。

提案営業の経験が1年以上あれば、論理思考能力がありそう。

などです。

この為、相手が求めているスキルや素養がどのようなものかを採用HPや、転職エージェントなどから仕入れて、その企業に合わせて、アピールポイントを変えていくことが、選考通過のコツになります。

面接の関連情報をチェック