必須マナー!面接は何分前に行くべき?

面接は何分前に着くべき

企業面接の訪問時間は、希望者の第一印象とも言えます。時間にシビアなビジネス社会での最適な訪問時間をおさえておきましょう。あなたが落ち着いて面接を受けるためにも、余裕をもった行動をしましょう。

ビジネスの基本!時間にはシビアに

ビジネスの場では時間を信用性に関わる重要な要素です。時間にルーズな人は自己管理ができない=仕事ができないという印象を与えます。
遅刻しないのは当たり前ですが、就活において多いのが早く行き過ぎることです。
転職ともなると、いかなる事情でもそんなミスは許されないと思っておきましょう。

早過ぎるのはNG!?相手に迷惑をかけないことが最優先

面接訪問時間に最適な時間は【5〜10分前】です。
面接は早く到着した方があなたは安心ですが、相手にも準備がるので早く行き過ぎるのも迷惑がかかります。
面接官も、受付係の方もあなたの面接だけが仕事ではありません。場所の問題もあるので、相手の立場に立った行動がビジネスの基本です。

例え早く到着して、受付が始まっていたとしても焦らず【5〜10分前】に受付をしましょう。
会社のロビー等で待つのも避けた方良いでしょう。

余裕が大切!入社時間と到着時間は別

【5〜10分前】の訪問だからと言って、その時間に合わせて家を出るのはNGです。
初めて行く場所であれば道に迷う可能性もりますし、交通状況の影響もあるので到着時間は遅くても訪問時間の30分前に設定して行動しましょう。

まずは面接会場まで一度行き、入り口や訪問階数等を予め確認しておきましょう。
高層ビルではエレベーターに時間がかかる場合もあるのでその時間も入れて計算しておく必要があります。
確認したら近くの喫茶店など、別の場所で時間を潰しましょう。

不安な方は、面接の前日までに面接地に行き、待機する場所も決めて置くと安心です。
待機場所をさがして汗だくになったり、道に迷ったりしては本末転倒です。

万が一遅刻する場合は、即入電して4回謝罪する

万が一面接時時間に間に合わない場合は、わかった時点で人事部に必ず電話で報告しましょう。

「お世話になっております。本日◯時◯分に面接を予定しておりました△△会社の◯◯と申します。
人事部の●●様をお願いできますでしょうか。

※※※

お忙しいとことろ恐れ入ります。△△会社の◯◯と申します。
〜のため、予定頂いております◯時◯分には間に合いそうにありません。
御社に到着するのは◯時◯分になる見込みです。誠に申し訳ございません。 」

急を要する内容なのでメールは厳禁です。
到着時間は余裕を持って伝えましょう。更に遅刻しては印象が悪くなる一方です。

面接が始まる前に2回目の謝罪、終わりに3回目の謝罪、面接後にメールにて4回目の謝罪が必須です。

遅刻の理由は、前の面接が伸びたためなどがベストではありますが、転職で一社しか受けていないなどの場合は通用しないので、下手な嘘をつくよりも正直に理由を言ってしまった方が得策です。

企業によっては遅刻した時点てアウトを告げられる場合もあるので呉呉も気をつけてくださいね。

面接の会社訪問時間、そんな直前でいいの!?と驚いた方もいるかもしれませんが、時間の余裕が欲しいのは企業側ではなくあなたです。
会社側に時間を頂くという感謝のし姿勢で挑みましょう。

面接の関連情報をチェック