あなたはいくつ当てはまる?面接で落ちる人の特徴と対策

落ちる人

面接で落ちる人には、ある3つの特徴があります。これから取り上げる3つの特徴にあなたが当てはまると思ったら、今すぐに改善するようにしましょう。では、1つずつ考えていきましょう。

相手の会社のことをほとんど調べていない。

もしあなたが志望する会社の情報をほとんど調べていなければ、面接官はあなたから本気度や熱意というものを感じることはありません。逆に、しっかりと会社のことを調べていると、本当に入社してやりたいことがあるのだろうと思ってもらうことが出来ます。
では、志望する会社についてどんなことを調べておくべきでしょうか。

基礎情報としては以下のものがあります。
l 会社名
l 代表者名
l 沿革
l 主力商品
l 売上高

就職活動に必要な情報
l 求める人材像
l ライバル企業
l 会社の独自性
l 企業風土

これらの点は、最低限把握してスラスラと言えるようにしておきましょう。

志望理由がふわっとしている。

面接官が知りたいのは、あなたがなぜこの会社に入りたいと思っているかです。そのために、面接官は志望理由というものを必ず聞いてきます。その時に志望理由がふわっとしていると、面接官に「本命の会社ではないんだな」と思わせてしまいます。
ですから、面接を受ける以上は志望理由をしっかりと練っておく必要があります。
志望理由を伝える際には、まず「○○という理由で貴社を志望します」と結論を述べ、その理由を裏付ける自分の信念やエピソード、そしてその会社でしかできないことをはっきり伝えるようにしましょう。
こうすることで、面接官に対してあなたがなぜその会社を志望しているのかをはっきりと伝えることが出来ます。

質問されたことと違うことを答えてしまっている。

面接会場は緊張感が漂っていて、普段のように落ち着いていることが難しい状況ではあります。過度に緊張して面接に臨むと、質問を間違った形で受け取って見当はずれな答えをしてしまうということが起こりえます。
面接官が聞きたいことに対して適切な答えができないと、そこであなたはアピールするチャンスをひとつ逃すことになりますし、場合によっては読解力のない人と思われて印象が悪くなってしまいます。
では、どうすれば質問されたことと違ったことを答えてしまうということを避けることが出来るでしょうか。
大切なポイントは、落ち着いて話の流れを考えて質問の意図を見極めることです。また、複数人で面接の場合は、他の人の答えにも注意を払っておくと面接官が何を聞きたいと思っているのか把握しやすく、ふさわしい答えをすることが出来るでしょう。

 

面接で落ちる人の3つの特徴を考えてきました。会社の情報をしっかりと調べ、志望理由を練って、落ち着いて面接に臨むことが出来れば、良い結果がついてくるはずです。面接に臨む際に何に気をつけたらよいか悩んでいる方は、ここで紹介した3つのことをまずは取り組んでみてください。

面接の関連情報をチェック