面接でよく質問される転職理由の効果的な伝え方とは?

転職理由の伝え方

面接での転職理由。あなたはどのように伝えていますか?
転職での面接の場合、ほとんどの面接で聞かれる質問なので、しっかりと準備をして面接に挑みましょう。

 まず、そもそもなぜ人事がこの質問をするのかというと『ポジティブな転職かネガティブな転職か』を見極める為です。

 単純に転職の動機を聞いているように聞こえますが、この質問の意図はとても重要です。

多くの企業では、転職理由がネガティブな場合、合格の可能性は低くなります。

一方で、転職理由がポジティブな場合、は合格の可能性が上がります。

逆の立場で考えてみる

もしあなたが、人を採用する側で、応募者の転職の理由が、ネガティブな理由でしたら、どういう印象を受けるでしょうか?

以下の回答をごらんください。

「給与が安かったので転職を決意しました。」

→給与が低いのは自分のせいではないのかな?と疑われてしまう可能性があります。

「上司との人間関係が悪くなり、転職を決意しました。」

→原因が上司であるのかがわからない為、もやもやが残ります。

「今の仕事が自分には合わないと思いましたので転職を決意しました。」

→転職先に入社しても同じように感じてしまうのではないかと思われる可能性があります。

いかがでしょうか、あまりいい印象は伝わらないのではないでしょうか。

ポジティブ回答例

一方で下記のようなポジティブ回答ではいかがでしょうか。

「これまで食品業界で営業行ってきましたが、今後はITスキルやネットマーケティングのスキルが重要になってくると考えた為、未経験から仕事を任せていただける御社への転職を考えました。」

「これまでは事業会社で社内SEを行っていましたが、これでは視野が狭くなると考え、多くの会社と関われるITコンサルの御社へ転職を考えました。」

「これまで、法人向けの営業を行っておりましたが、個人向けの営業も経験することで営業のプロフェッショナルになりたいと考えたため転職を考えました。」

「これまで、サーバーサイドメインの業務を行っておりましたが、エンジニアとして成長するには、フトントエンドも経験する必要があると考え、転職を考えました。」

「これまで、年功序列型で、成果に応じた報酬が少ないことに疑問を感じ始めた為、実力主義の会社で、自分の力を試すとともみガツガツ稼ぎたいと思い転職を考えました。」

いかがでしょうか、成長意欲が伝わってきたのではないでしょうか。

経験者、未経験者関係なく、成長意欲や挑戦心は企業に良い印象を与えることが可能です。

面接の関連情報をチェック